リンパ管の管腫や管炎について解説
リンパ管の管腫や管炎について詳しく解説しております。
スポンサードリンク

トップページ >リンパ管血管

リンパ管血管

血リンパ管の血管は、お互いにしっかりと結びつき、生命を維持していくために欠かせない役割を担っています。血液の主要成分は水ですが、血液中の水分がリンパ内に送り込まれることで、人体の免疫機構がしっかり働くようになっています。

リンパ管の血管は、毛細血管と毛細リンパ管とにより結びついており、そこでリンパ液の吸収が行なわれています。リンパ液は体中を巡った後にやがて静脈へと送られていきます。

つながりと仕組み

種類リンパ管の血管は最初と最後につながっており、体中の血液とリンパ液それぞれが、この2つの経路を通じて循環しています。免疫機構の働きもリンパ管血管に依存しています。

皮膚表面に傷がつくと、その部分から細菌やウィルスが毛細血管内に侵入します。やがて毛細血管を経てリンパ内に送り込まれると、リンパ節がウィルスや細菌を閉じ込めて、死滅させます。
お互いがつながっているため、体内の主要な臓器や器官にウィルス等が侵入しないよう未然に防ぐことができています。

役割

そして、リンパ管血管が結びついていることで、肺の中に水がたまらないように排出することもできています。肺で酸素が取り込まれる際には、血液中の水分が一旦排出されますが、その時の排水路の役割を果たしているのもこの器官だからです。