リンパ管の管腫や管炎について解説
リンパ管の管腫や管炎について詳しく解説しております。
スポンサードリンク

トップページ >毛細リンパ管

毛細リンパ管

問診毛細リンパ管は、リンパ液を体内に運ぶための経路としての役割を果たしています。この経路のおかげでリンパ液が体の隅々にまで送られ、体全体の免疫機能が支えられています。

具体的には血液中の組織液が、体に張り巡らされた毛細血管を通じて、毛細リンパ管に送られます。リンパ液はやがて体内のリンパ管を経て、静脈へと送られていきます。つまり、リンパ液の入り口とも言えるのです。

仕組み

炎症毛細リンパ管を通じて体内に送られる組織液の中に細菌やウイルスが侵入すると、リンパ節でせき止められ、免疫機構によってウイルスを死滅させるための攻撃が行なわれます。

炎症を起こし、腫れが発生するのは、毛細リンパ管ではなく、リンパ節と呼ばれる部分です。ですから、病原菌を退治するための経路としての役割も果たしていることが分かります。

役割

毛細リンパ管は非常に細いにもかかわらず、毎日数リットルの組織液がリンパ液として吸収されています。

しかもこの管がなければ、体内のリンパ循環が起きないため、組織液が体に行き渡らず、生命を維持することは不可能になります。

この器官があるおかげで、健康な体を保つことができ、たとえ病気になったとしても、免疫の働きのおかげで病気を治すことができます。