リンパ管の管腫や管炎について解説
リンパ管の管腫や管炎について詳しく解説しております。
スポンサードリンク

トップページ >リンパ管浮腫

リンパ管浮腫

浮腫リンパ管浮腫とはリンパ液の流れがさまざまな原因で滞ってしまい、結果としてむくみになってしまった状態を指します。リンパ管は血管とは違い、身体の隅々にまで毛細管上に届いているわけではありません。

道路に例えれば、血管は市街の隅々にまで行き渡った一般道、リンパ管は都市と都市を結びつける高速道路に置き換えることができます。リンパ管浮腫はつまり高速道路の渋滞のようなもので、リンパ液がリンパ管の外にしみだしてしまった状態です。

病気になる主な原因

病気リンパ管浮腫が生じてしまう原因としては、リンパ管自体の流れが悪くなってしまうことが第一に挙げられます。

むくみの中でも悪質なものがタンパク質によるものです。タンパク質がリンパ管から染み出すと、その部分の細胞と結びついてしまい、簡単には解消できない状態に陥ってしまうことがあります。

異なるタイプのもの

単純に浮腫といっても、すぐに解消できるタイプのものとそうではないものがあるということを認識しておくことが大切です。現象としては患部にあたる皮膚が硬くなってしまうなどの症状が挙げられます。

若い女性に発生することが多く、夕方に足や手がむくんでいるという自覚から始まります。初期のうちは翌朝にはそれが解消していることが多いのですが、症状が進行するとそのまま皮膚が固くなってしまうということに繋がります。

マッサージなどでリンパ管のつまりを解消することが重要で、一時的な治療ではなく日々のケアがポイントになります。軽い運動や温浴なども有効です。