リンパ管の管腫や管炎について解説
リンパ管の管腫や管炎について詳しく解説しております。
スポンサードリンク

トップページ >リンパ管構造

リンパ管構造

リンパ管構造について考えるとき、リンパが毛細リンパ管から静脈に流れ込むリンパ管系、さらには、リンパ節からなるリンパ系といった組織に別れていてそれぞれが重要な役割を担っていることを認識する必要があります。

リンパ管の構造は大まかにいえば、毛細リンパ管網という細い管から始まり、これがリンパ管やリンパ節につながっており、胸管という太いリンパ管に合流して首の下方の静脈に開いている構造になっています。

特徴

構造リンパ管の構造の特徴としては、リンパ管には始まりと終わりがあるということです。これは、血管とはことなる構造です。リンパ管は、手足の先の方にある先の閉じた管が始まりとなっていて、首の方まで伸びています。

途中にいくつかのリンパ節があり、そこでは病原体や異物、毒素などを取り除いています。リンパ管の中を流れるリンパは脂肪を吸収する小腸を始めとして全身にあります。

種類

リンパ管の構造をさらに詳しく知るうえで、リンパ管の種類についてもみてみます。浅リンパ管と深リンパ管の2種があり、浅リンパ管の方が数は圧倒的に多く、皮下静脈と同じ方向に走っています。

深リンパ管は血管に伴走していて、分枝や結合、さらには網状をなしていて血管をとりまいています。全身の浅リンパ管と深リンパ管は最後には左右の2管に結合します。