リンパ管の管腫や管炎について解説
リンパ管の管腫や管炎について詳しく解説しております。
スポンサードリンク

トップページ >リンパ管侵襲

リンパ管侵襲

リンパ管侵襲(ly)と定義されているものを色々調べると、一般的には「乳がん」との関連が多く報告されることがあります。

乳がん・大腸癌・胃がん・食道がんでよく報告があります
乳がんでも多くの病気が見られるのですが、侵襲の場合は女性の方が圧倒的に多いですが、男性でも病気になる場合があります。

大腸がん・胃がん・食道がんなどでは男性・女性、それぞれでリンパ管侵襲が発見されるもので特殊なケースではないことがわかります。これは年齢やお住いの地域によっても異なりますが、一般的には平均的な結果になっています。

リンパ管侵襲とは

痛むこともありますlyを調べると、その言葉と連動するように脈管侵襲が表示されます。
脈管とリンパ管の違いですが、脈管とは体中の体液を流している管のようなものです。それはつまり、血管やリンパ管と言ったものです。ですから、すべての総称が脈管なのです。そのためly≒脈管侵襲と言う事です。

診断方法

症状がんを手術で切除した場合、その検体は病理検査へと運ばれます。病理検査とは、切除されて摘出した検体(臓器・腫瘍・組織など)を薄切りにして染色液で染めます。

それをプレパラート(薄いガラス板)に置き、たくさんの標本を作ります。
この作業は、医師の中でも認定病理医や臨床検査技師が行います。その標本を一枚ずつ認定病理医が診断するわけですが、顕微鏡を使って確認していく結果が今後の患者さんの治療に役立てられる大切な診断となります。

そこでlyが見られた場合、病理結果では「+・-」と「0-3」といった表記をされます。この病理診断では、腫瘍の大きさや種類・形、細胞の悪性度や増殖の具合、リンパへの転移の状態などと共に、がんの周囲にある脈管(血管・リンパ管)へのがん細胞の侵襲具合も病理診断でわかります。

血管(脈管)を通って全身に運ばれます

がん細胞は血管(脈管)を通って全身の臓器に運ばれるため、その血管(脈管)に侵襲がみられた場合は今後の再発や転移などのリスクが高まります。

しかし、必ず転移するというわけではなく術後の管理をしっかりやっていくことが必要です。そのため、このlyをお話しするうえで病理診断は、今後の治療方針を左右する重要かつ不可欠な検査なのです。