リンパ管の管腫や管炎について解説
リンパ管の管腫や管炎について詳しく解説しております。
スポンサードリンク

トップページ > リンパ管種

リンパ管種

リンパ管種リンパ管種は、リンパ管が異常に発達、増殖した結果、巨大な腫瘍ができてしまう病気です。発症すると外見上に大きな影響があるので、気にする人も多いのではないでしょうか。

リンパ管種は、どんな時に症状に気がつくのでしょうか。
先天性の疾病で、出生時には既に発症していることも多いため、大抵は両親のどちらかが子供の以上に気がつき、医療機関を受診するのが一般的です。

主に頚部に大きな腫瘍が見られ、その影響で顔面や舌にも細かい腫瘍が広がるケースがあります。

ただし、腫瘍自体は良性なため、全身に転移して広がる事はありません。

分類

分類リンパ管種には、腫瘍の状態によって幾つかの分類があります。
治療は切除による完全摘出が原則とされており、腫瘍の部位や大きさ、分類によっては手術だけで完全に治すことも可能です。

しかし、発症するのが乳幼児に多いこと、また、発症する部位が首や舌と言ったデリケートな部位が多いことから、手術が難しいこともあります。

治療

この場合、腫瘍が大きすぎてその他の器官に著しい悪影響を与えない限りは、保存治療が積極的に行われます。

また、特殊な薬剤を注入して腫瘍を小さくする硬化療法も行われています。
手術で除去が難しいタイプのリンパ管種も、硬化療法なら高い治療効果を期待することもできます。