リンパ管の管腫や管炎について解説
リンパ管の管腫や管炎について詳しく解説しております。
スポンサードリンク

トップページ >リンパ管症

リンパ管症

症状リンパ管症は先天性によるものと、後天性のものとがあります。共通しているのはリンパ管が塞がれ、リンパが流れなくなってしまうことで起こる症状のことを指します。

後天性の物の1つにがんに起因するものがあります。これは、リンパ管内にがん細胞が増殖し、リンパの流れがせき止められてしまうことで発症する病気で、肺に発生するがんの1つとして知られています。

肺との関係

部位肺は、呼吸により取り入れた酸素を血液中に送り込む役割を果たしていますが、血液中の水分が、肺では大量に放出されるため、水分が肺にたまってしまうことがないようにリンパ管が張り巡らされています。

しかし、リンパ管内にがん細胞が増殖すると、経路を塞いでしまい、肺に水がたまってしまう原因になります。この状態のことをがん性リンパ管症と呼んでいます。

怖い寄生虫の侵入

後天性のリンパ管症には、他に寄生虫の侵入により発症するものがあります。フィラリアと呼ばれる寄生虫がリンパ内に侵入すると、管内がふさがれてしまい、リンパが流れなくなることで発症します。

リンパ管症には先天性のものがあります。出生時に見られる症状で、リンパ管が発育不全のために塞がれてしまい、リンパが流れなくなってしまうことで起きる症例です。