リンパ管の管腫や管炎について解説
リンパ管の管腫や管炎について詳しく解説しております。
スポンサードリンク

トップページ > リンパ管とは

リンパ管とは

とはリンパ管とは、リンパ液を私たちの体内に循環させる役割を持つ器官です。
血液と同様、全身の隅々にまで張り巡らされているものです。

リンパ管は、血液のように完全に閉じた循環器ではなく、あちこちで細胞組織の隙間に入り込んで、そこから老廃物などを含んだ体液をとりこんでいます。

リンパ管とは、いわば身体から余分な物を吸い上げて処理してくれる掃除機のようなものと考えて頂ければわかりやすいですね。
そして吸い上げられた体液は、リンパ液となってリンパ管内に運ばれます。

健康的な生活をしていればいいのですが暴飲、暴食、不規則な生活が続きストレスを抱えたり、するとリズムが崩れてよく言われるむくみやセルライトになる可能性があります。よって普段からなるべく一定のリズムで生活していくという環境を構築したほうがいいかもしれませんね。

役割

役目リンパ管には心臓のようなポンプ機能が無いため、リンパ液は筋肉などの収縮によってゆっくりと循環していきます。
リンパ管内には無数の弁が付いているので、流れが緩やかでも逆流する恐れはありません。
リンパ腺を通過しながら少しずつ濾過されたリンパ液は、最終的には静脈血と合流し、心臓を通って綺麗な血液に変わる仕組みです。

仕組み

リンパは体内の免疫活動に大きな役割を果たしています。
リンパに異常が発生すると、免疫活動自体も低下し、全身に様々な異常が発生してしまう恐れもあります。

リンパ管とは、私たちの身体を病気や感染症から守る、いわば関所の役割を果たす器官なので、異常が発生した場合はいち早く察知し、適切な処理を行って機能を回復させる事が重要です。