リンパ管の管腫や管炎について解説
リンパ管の管腫や管炎について詳しく解説しております。
スポンサードリンク

トップページ > リンパ管輸入

リンパ管輸入

リンパ管輸入とは、本来は「輸入リンパ管」と呼ばれているもののことです。

リンパ管は、私たちの身体の隅々にまで張り巡らされています。
組織の隙間に入り込み、そこから、老廃物や病原菌など、身体に不要な物を吸収し、免疫対応する役割を果たしています。

リンパ管輸入リンパ管輸入とは、このリンパ管が、体の末端から近くのリンパ腺へと繋がっている状態を指します。

リンパ腺へ老廃物などを取り入れる事から、輸入、という名前が付きました。
一つのリンパ腺には、多くの輸入リンパ管が繋がっており、そこから集まったリンパ液は、リンパ腺内である程度濾過され、少し太めのリンパ管へまとめられて、身体の中枢へと流れて行きます。
この、リンパ腺から出て行くリンパ管は、輸出リンパ管と呼ばれています。

しかし、この輸出リンパ管も、次のリンパ腺へと繋がる際には輸入リンパ管となるわけですから、その機能に大きな差があるわけではありません。

リンパ管輸入は、リンパ腺一つ一つに見られます。
輸入と輸出を繰り返して少しずつ太くなったリンパ管は、やがて全てのリンパ液を一つにまとめて首から鎖骨のリンパ腺へと流れて行きます。

鎖骨のリンパ腺は、全てのリンパの流れの終着点になります。
老廃物を運ぶ役目を終えたリンパ液は、ここから静脈血と合流し、心臓へと送られます。